農大バイオのBLOG更新中
北海道から、日本の恵みを発信します。
商品紹介


農業体験サークルNOFU

東京農業大学国際食料情報学部で国際貢献に力を入れる国際農業開発学科3年の笠原好史君を中心に関東近隣の農家の協力を得て学生たちの間で野菜栽培や果樹栽培の体験の場を設けています。

WWOOF(Willing Workers On Organic Farms)という現行の組織のシステムに習って、金銭のやりとりなしで「食事・宿泊場所」と「労働力」を交換するシステムをとっています。
提携している農家の多くが日帰りで農業体験できる距離にあります。農家との話し合い次第で泊まりがけでの体験も可能です。

  

一橋大や早稲田大の農業体験サークルと連携して活動報告や情報交換も活発に行っています。
その活動は旺文社の螢雪時代でも紹介され話題に!
学生時代の色々な体験が地域を活性化する力になっていくかもしれませんね!

  

東京農業大学 世田谷キャンパス 農業体験サークル NOFU(農風)
 東京都世田谷区桜丘1-1-1 東京農業大学 学生会館5階 NOFU合同会室
 URL   http://nodai.cc-town.net/

詳細はこちら


農業法人 (有) 香遊生活

1991年に建設業(㈱船山組)から農業への異業種参入としてハーブ事業部を創業し、北海道北見市で完全無農薬・無肥料栽培に取り組み1997年に農業生産法人として認定を取得しました。

約60種のメディカルハーブと約20種の有機野菜を生産加工販売し、自社生産農場及び加工施設ともにオーガニック有機JAS認証も取得(2003年)しています。
ハーブ精油を利用したスクーリング事業で日本アロマコーディネーター協会認定加盟校としてアロマセラピーの施術及びアロマセラピスト技術指導等も行い、ハーブの普及意欲的に取り組んでいます。

  

香遊生活では、農薬・化学肥料・除草剤はじめ動物性堆肥なども一切使用しない100%オーガニックハーブを栽培。畑のなかに、畑の外のものを一切入れないことを、原理原則とし、畑の土に入れるのはその畑から出た雑草と、畑の間にある樹木の落ち葉、そしてハーブの残渣だけ。ですからハーブの背丈は、標準的な畑に比べると2分の1から3分の1に過ぎませんが、畑の地力と植物の生命力だけで栽培したハーブは、風味・香り・色彩ともに、素晴らしいパワーがあると感じられます。

  

農薬、化学肥料、除草剤をふんだんに使うことで効率よく育てられ、見栄えの良い食材があふれる中で、アレルギーやアトピーを抱えた人々の多いことは、私たちに今一度立ち止まって、生産者としての責任と消費者としての節度を考える必要がある事を示しているようだと思います。
毎日畑に入り、ハーブに声をかけ、文字通り丹精込めた手摘み手作りのハーブたちは、自然のエネルギーに満ちた美味しいハーブティとなり、ほっと一息リラックスの至福の時間を生活の中にお届けします。特にオリジナルブレンドの青いハーブティ爽快はおすすめ!

詳細はこちら

農業生産法人 有限会社 香遊生活
  代表取締役 舟山 秀太郎
 住 所  北海道北見市柏木14-3
 電 話  0157-66-1201  FAX   0157-66-1202
  URL  http://www.koyu-seikatu.co.jp/
 e-mail info@koyu-seikatu.co.jp


ベジフルコミュニティ旭川

北海道遠軽出身。東京農業大学オホーツクキャンパスを卒業後、北海道農業改良普及員として就職。野菜、果物のスペシャリストを養成する日本ベジタブル&フルーツマイスター協会を知り、受講。

自らが生産者である「作り手」としての見地に偏っていた事に気づき、“農産物”の生産も「できた物を売る」のでは無く、購入する生活者の「ニーズを知って売る」生産品を作っていく必要性を強く感じ始める

  

野菜果物を買って頂くために消費者に「何を伝えていけばいいのか」を学ぶために、2007年NPO法人ベジタブルコミュニティ旭川の設立に関わり、代表を務める。野菜の栽培実習や、生産者のお宅を訪ねる現地視察研修、野菜のおいしい食べ方を知る調理実習会などを企画し、自らが講師としても活動を展開している。生産現場と消費者ニーズをつなげていきたい!と農業改良普及員として、またベジタブル・フルーツマイスターとして活躍中!

  

ベジフルコミュニティ旭川
  代表 高田 勲
 住 所  北海道苫前郡羽幌町幸町46-71 98共B202号
 電 話  0164-62-2445  FAX   0164-62-2445
  URL  http://vf-comm-asahi.cocolog-nifty.com/
 e-mail meist_isa@y7.dion.ne.jp

詳細はこちら

伊賀の里
モクモク手づくりファーム

1983年に、社長・木村 修と専務・吉田 修が共に
モクモク手づくりファームを開業。

伊賀の里にこだわりのウインナー手づくり体験教室を日本で初めて開催し、その成功をきっかけに直営農業の他、ジャージー牧場、いちご農園、パンや肉まん、大福づくりなどの体験教室や、ビール工房、結婚式もできるレストラン、体験学習牧場、農園、宿泊施設OKAERIビレッジなどを次々と展開。

  

年間34万人もの来場者と年商45億円を達成し”農業”で飯を食っていける「ロマンと夢のある21世紀型農業」を提案し続けている!
まさに”農業版ディズニーランド”を思わせるファームは、一見の価値あり!

  

~7つのテーゼ~
1.モクモクは、農業振興を通じて地域の活性化につながる事業を行います。
2.モクモクは、地域の自然と農村文化を守り育てる担い手となります。
3.モクモクは、自然環境を守るために環境問題を積極的に取り組みます。
4.モクモクは、おいしさと安心の両立をテーマにしたモノづくりを行います。
5.モクモクは、「知る」「考える」事を消費者とともに学び、感動を共感する事業を行います。
6.モクモクは、心の豊かさを大切にし、笑顔が絶えない活気ある職場環境をつくります。
7.モクモクは、協同的精神を最優先し、民主的ルールに基づいた事業運営を行います。

詳細はこちら

農事組合法人 伊賀の里モクモク手づくりファーム  代表社長理事 木村 修

 住 所  〒513-1392  三重県伊賀市西湯舟3609      
 電 話  0595-43-0909  FAX  0595-43-2100
  URL  http://www.moku-moku.com/


有限会社 漂流岡山

”農業のインフラを創る”

「魅力的な農産物を、より魅力的な販路・加工・見せ方で!」をもっとうにカタログWebサイトでの完熟農産品の販売をかわきりに、農産加工品の提案から、ラベルやPOP、ホームページまで販売ツールの企画・製作などを行っている。

  

漂流岡山の強みは”農”に対する深い知識と作り手を最大限に引き出すプロモーション力。力強いホームページは必見!
その取り組みは経済通産省の「農商工連携88選」にも選ばれ、これからの新しい顔の見える農産品販売を目指す”農”を知る農業トータルコンサルティング企業。

  

また、阿部社長が発起人として活動する農業者サポート団体”地産地消ギルド岡山”は、生産者をとりまく加工会社や流通業界を始め、行政、メディアなどの関係者が会員となり、ネットワークを形成。「ギルド」はこれからの農業を支える人々の情報交換の場を作り出し、新しい取り組みを発信し続けている。

 ~「ギルド」Guildとは、中世から近世にかけて、西欧都市において、商工業者間で結成された各種の職業別組合を示します~

有限会社 漂流岡山  代表取締役 阿部憲三
 住 所  岡山県岡山市錦町1-8 岡山県木材会館ビル3FC号
 電 話・FAX  086-226-0503
 URL  http://www.hyouryuu.co.jp (岡山果物カタログ)
      http://www.fruitspaper.jp (地産地消ギルド岡山)
 e-mail fruits@hyouryuu.co.jp

詳細はこちら
このページのトップへ